採食健美ナッツ&ドライフルーツ「アーモンドフィッシュ」

ナッツと小魚が一緒になってコツコツ キレイに。

飴掛けした小魚と皮をむき短冊切りにしたアーモンドをミックスした「アーモンドフィッシュ」。 物心ついた時から子供のおやつとして食べられているイメージがあります。小魚とアーモンド、どちらも体に良さそうというイメージがあるものの、その由来や健康効果は意外に知られていないのが残念でなりません。そんなナッツ業界の隠れた名品「アーモンドフィッシュ」を今回は 掘り下げたいと思います。

ナッツと小魚の写真

アーモンドフィッシュのプロフィール

アーモンドと片口イワシをミックスの写真

  • 種類:
    アーモンド(農産珍味)と片口イワシ(海産珍味)をミックスしたお菓子
  • 由来:
    アーモンドフィッシュは1980年代中頃、広島の某水産会社が子供たちのカルシウム不足を補うべく発明しました。団塊ジュニア世代が小学生になっていた当時、全国の小学校で跳び箱を飛んだ生徒が骨折するなどの事故が発生、骨の育成に欠かせないカルシウムを豊富に含む小魚を、子供たちにより美味しく食べてもらうために、形状が似ている短冊切りされたアーモンドをミックスしたのが始まりです。その機能性から学校給食で採用され、全国各地に広まることになりました。
  • 学校給食でもお馴染みですの写真

  • 特徴:
    抗酸化作用のあるビタミンEや、赤血球を作り出す銅を豊富に含むアーモンドと、歯や骨を作るカルシウムを豊富に含む小魚をミックスすることで、美容や健康維持のため、お子様からお年寄りまで幅広くお召し上がりいただけます。

アーモンドフィッシュの豆知識

イワシは魚偏に「弱」と書いて鰯と書くくらい、すぐに弱ってしまうデリケートな魚です。底引き網漁で片口イワシを獲ったらすぐ工場へ!工場に運ばれた片口イワシは、大きさで選別され茹でられ、一時乾燥したのち、近隣の海産珍味メーカーに出荷されます。

日本人の成人の約2割は慢性的な不眠であり、男女の約4割が「睡眠の質に満足していない」と言われています。アーモンドフィッシュには”トリプトファン”が豊富に含まれています。トリプトファンとは質の良い睡眠をとるために必要なホルモン
“メラトニン”を作り出す基となる成分です。

こんな時にオススメ!

全国のスーパー、コンビニエンスストア、百貨店にて好評発売中です。