採食健美ナッツ&ドライフルーツ「アプリコット」

美の伝道果実 アプリコット

「アプリコット」と言われるより、「あんず」の名前の方がピンとくる方が多いと思います。あんず=アプリコットと中々連想しづらいかもしれません。お祭りの屋台で食べる”あんず飴”や、関東の方には懐かしい”あんずボー”。アプリコットは奈良時代には日本に伝わっており、日本人になじみのあるフルーツの一種です。今回は、名前と顔が一致
しない(?)アプリコットを皆様の食卓
にぜひお届けしたく、ご紹介します。

アプリコットの写真

アプリコットのプロフィール

アプリコット畑の写真

  • アプリコットの木:バラ科サクラ属の落葉小高木
  • 開花:3月下旬~4月
  • 収穫:
    春に、桜よりもやや早く淡紅の花を咲かせ、初夏にウメによく似た実を付けます。その花の美しさは花見になるほどです。自家受粉では品質の良い結実をしないために、他品種の混植が必要で、時には人工授粉も行われる事があります。収穫期は6月下旬から7月中旬で、一つの品種は10日程度で収穫が終了します。
  • アプリコットの乾燥風景

  • 生産国:
    アメリカ(主にカリフォルニア州)、中国、トルコ
  • 特徴:
    ミネラル類が豊富なアプリコットには、高血圧を予防し、体内の余分な水分を排出する手助けをする「カリウム」が豊富に含まれており、むくみ対策にもなります。また赤血球の生成に関わると言われる「銅」、貧血予防に欠かせない「鉄」も含みます。抗酸化作用のある「βカロテン」、便秘予防につながる「食物繊維」も豊富で女性に優しいドライフルーツです。

アプリコットの逸話

『栽培地域で味が異なる「アプリコット」』
アプリコット(あんず)は、紀元前から中国を原産とし、さらに西アジアへ伝播し、1世紀頃にはヨーロッパへも伝わりました。
14世紀にはイギリス、18世紀にアメリカ大陸へ上陸し、カリフォルニアは一大産地として繁栄しました。
品種改良が繰り返され、ヨーロッパ、中央アジアでは酸味が弱く甘みのある西洋品種に、東アジアで発展したアプリコットは酸味が強い品種に。
日本へは古代に梅と共に薬用として伝わったフルーツとされています。

『生薬「杏仁」(きょうにん)』
生薬の杏仁(キョウニン)はアプリコット(あんず)の種子の中にある仁(さね)を取り出したもの。
生薬のときは「キョウニン」、菓子類など食品では「アンニン」と読むのが一般的。咳を鎮める効果がある杏仁(キョウニン)には、漢方処方では麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ※主に咳止め)や麻黄湯(マオウトウ※風邪薬)等の漢方薬に配剤される重要な生薬です。

こんな時にオススメ!

全国のスーパー、コンビニエンスストア、百貨店にて好評発売中です。